TPPと混合診療について

TPPにより混合診療が解禁される可能性があります。現在は、まだ原則として禁止されている治療方法です。保険診療と自由診療を併用する治療です。これを可能にする条約が話題になっています。
日本が禁止している理由としては、保険診療で十分な患者に自由診療を受けさせる病院や医師から患者を守るためです。また、自由診療はその安全性が十分に確認されていない治療法になるからです。
混合診療のメリットは、日本国内では認可されていない抗がん剤が使用できる事です。癌は日本人の死亡原因の第1位の疾病になっており、現代社会のニーズによって販売されています。
自由診療は、公的な保険が適用されません。その為、治療費は全額自己負担になります。ガン保険は、
これらの治療の為の入院費が保証対象になります。
その他に手術や通院にかかる費用が給付されるタイプもあります。癌と医師から診断をされたら、一時金が支払われるタイプも増えています。治療中の休業補償をする等、生活を保障する商品もあります。
ガン保険の補償の内容は、死亡時もですが生存中に給付をされるタイプが多いのが特徴です。再発をしても、給付金が支払われるものも増えています。自分に必要なタイプのものを選ぶと良いです。

コメント

コメントを受け付けておりません。