混合診療におけるメリット・デメリット

日本では医療は皆平等にサービスを受けられることを前提にしています。そのため国民は皆公的保険に加入し、平等に医療サービスを受けられるようにしています。日本で混合診療が認められていない理由は、これを行うことによってお金持ちとそうでない人の間に医療サービスの差が出てしまうためです。
すでにがんなどの命を脅かす病気については、ほかに治療方法がない場合に限って例外的に認められていますが、これを解禁するかどうかは盛んに議論が交わされてきました。これには利点を考えて解禁すべきという意見と、安全上問題があるため解禁すべきでないという意見があります。
解禁することのメリットは、最先端治療を患者の意志で受けられるようになることです。現在は認可されていない最先端の治療を行うためには、本来公的保険でカバーできる部分も全て自己負担しなければなりません。
しかし公的保険と自由診療の混合が解禁されれば、一部を公的保険で補って治療を受けられるようになります。これによって患者の負担が減り、医師も最先端治療を扱いやすくなるため、医療の発展に繋がると期待されています。一方で公的保険で補える部分が増えると、財政的に医療費を削減しなければならず、公的保険の範囲が狭くなる可能性が高いというデメリットもあります。

コメント

コメントを受け付けておりません。