混合診療におけるメリット・デメリット

日本では医療は皆平等にサービスを受けられることを前提にしています。そのため国民は皆公的保険に加入し、平等に医療サービスを受けられるようにしています。日本で混合診療が認められていない理由は、これを行うことによってお金持ちとそうでない人の間に医療サービスの差が出てしまうためです。
すでにがんなどの命を脅かす病気については、ほかに治療方法がない場合に限って例外的に認められていますが、これを解禁するかどうかは盛んに議論が交わされてきました。これには利点を考えて解禁すべきという意見と、安全上問題があるため解禁すべきでないという意見があります。
解禁することのメリットは、最先端治療を患者の意志で受けられるようになることです。現在は認可されていない最先端の治療を行うためには、本来公的保険でカバーできる部分も全て自己負担しなければなりません。
しかし公的保険と自由診療の混合が解禁されれば、一部を公的保険で補って治療を受けられるようになります。これによって患者の負担が減り、医師も最先端治療を扱いやすくなるため、医療の発展に繋がると期待されています。一方で公的保険で補える部分が増えると、財政的に医療費を削減しなければならず、公的保険の範囲が狭くなる可能性が高いというデメリットもあります。

混合診療について

日本では国民が公的保険に加入しており、病院などで診察を受けたときには公的保険を使って医療費の大半が免除されるようになっています。ただ公的保険で免除されるのは、公的に認められているものだけで、認められていないものは公的保険のカバーを受けられません。これを自由診療と言います。
混合診療とは、この自由診療と公的保険を併用した診療です。基本的に日本ではこの診療方法は認められておらず、もし併用したいのであれば、公的保険の部分も全て自己負担をしなければなりません。これは国が認めていない治療を高額にすることで、安全性の高い医療サービスを展開するためと、財力がある人とない人の間に治療によって差が生じないようにするためです。
ただしがんはコンパッショネート使用制度という例外措置を取ることによって、この診療が認められています。がんは進行すると命を脅かす、危険な病気です。他に治療方法がなく、未承認薬を使用したり未承認の治療を行わなければならない場合は、患者の希望と自己責任で自由診療と公的保険の混合ができます。
この診療方法には、患者自身が治療法を広く選べるというメリットがあります。一方で医療費削減のために今まで公的保険で対応できていたものも、保険がきかなくなる可能性があります。

TPPと混合診療について

TPPにより混合診療が解禁される可能性があります。現在は、まだ原則として禁止されている治療方法です。保険診療と自由診療を併用する治療です。これを可能にする条約が話題になっています。
日本が禁止している理由としては、保険診療で十分な患者に自由診療を受けさせる病院や医師から患者を守るためです。また、自由診療はその安全性が十分に確認されていない治療法になるからです。
混合診療のメリットは、日本国内では認可されていない抗がん剤が使用できる事です。癌は日本人の死亡原因の第1位の疾病になっており、現代社会のニーズによって販売されています。
自由診療は、公的な保険が適用されません。その為、治療費は全額自己負担になります。ガン保険は、
これらの治療の為の入院費が保証対象になります。
その他に手術や通院にかかる費用が給付されるタイプもあります。癌と医師から診断をされたら、一時金が支払われるタイプも増えています。治療中の休業補償をする等、生活を保障する商品もあります。
ガン保険の補償の内容は、死亡時もですが生存中に給付をされるタイプが多いのが特徴です。再発をしても、給付金が支払われるものも増えています。自分に必要なタイプのものを選ぶと良いです。

自由診療と保険診療の違いって?

がんになった場合、そのステージやがんの種類によって、治療方法は色々あります。多くは保険が使える治療となっていますが、中には保険が適用されない治療もあるのです。その場合、自己負担額が増えてまとまったお金が必要となることがあります。
保険適用内の治療だけでは不充分な場合、がん保険を活用することで負担を軽減することができます。がん保険の中には、健康保険などが適用されない治療が必要な場合、給付金が支払われるタイプが存在するのです。
保険適用外の治療を受けることを、一般的に自由診療と言い、治療費は全額自己負担となってしまいます。国内未承認である抗がん剤を使った治療などは、保険適用外となります。先進医療を積極的に受けたいという人は、こうした治療の保障をしてくれる保険を選択するといいです。
一方、保険診療というのは国民健康保険法・健康保険法によって定められている診療のことを意味しています。風邪やその他の病気で一般的な治療を受ける場合は、保険が適用となるのが通常です。
保険診療の場合は、自己負担額を少なく済ませることができます。治療費の7割を国民健康保険・健康保険組合などが負担してくれます。残った3割を自己負担するだけで、治療を受けられる仕組みです。

ガン保険と自由診療について

ガン保険とはガンになった時に給付金を受け取れる保険です。ガンの治療費は他の病気と比べかなりの高額負担になるためがんだけを対象にした保険が必要とされています。入院や手術だけでなく診断や通院に関しても給付金が支払われるものもあります。医療保険と違って入院給付金の支払限度日数に制限がありません。ただし契約後の一定期間はがんになっても保障が受けられない猶予期間があります。
厚生労働省が平成22年に発表した人口動態統計によると年間死亡者数119万4000人の内35万2000人がガンで亡くなっています。全体の中で約3割を占める最も多い死因です。ガンになれば仕事にも家庭にも大きな影響を与えます。もしもの時の備えとして保険加入の検討は人生設計の1つであるといえます。
ガン治療を受ける上で有効な新しい治療法でも国内未承認の治療は保険適用にあたりません。治療費は全額自己負担となります。これを一般の保健診療と区別して自由診療といいます。
治療全般でこの2つの診療を併用することは現在の医療保険制度では認められていません。この2つを併用することを混合医療と言います。
また国に認められた高度医療技術として先進医療と分類されるものがあります。これは全額自己負担ですが保健診療と併用が可能です。

ガンで死亡する確率とは

ガン保険は、この疾病による死亡率が高い性質により商品として発生しました。日本人の原因の第一位です。癌は、小さな子供から老人まで、誰にでも発症をする可能性があります。予防をする事も難しい疾病になります。男性そして女性の二人に一人が、一生の間にガンにかかる報告されています。この疾病の特徴として、身体の他の場所に急に範囲が広がったり、転移をする確率も高いです。これは、癌細胞が体内で分裂を繰り返すからです。
この保険の特徴は、保証の対象が癌に特化した契約内容になっています。ガン保険には、定期型と終身型の二種類があります。定期型は、契約の更新とともに保険料が上がります。終身型は、定期型よりも保険料が高くなりますが、更新がないのが特徴になります。
ガン保険の主な保証内容は、癌による入院を保証する内容です。ガン保険の給付金には、がん診断一時金や入院給付金があります。その他に、手術給付金や亡くなった際の給付金もあります。これらの給付金の内容は保険会社や契約内容によって異なります。ニーズンいあった保証内容のものを選ぶと良いです。
保険会社によって異なりますが、加入時の年齢制限が設けられていたり、保険料が高くなるケースがあるので注意が必要です。

ガンになる確率とは

日本人の死亡原因の中には、癌が挙げられます。これは、深刻な病気です。自分が癌にかかったと知ったら、誰でもやはりショックです。しかし、癌というのは早期発見ができれば100%完治できるものとされています。癌で命を落としてしまう方というのは、それだけ発見が遅く、末期に及んでしまっているという方が多いです。癌になると、抗がん剤治療などの化学的療法を行わなければいけなくなります。加齢と共に、それだけ癌のリスクは高まりますが、必ずしも年配の方がなるものとも限らないのが、この病気の怖いところでもあります。20代の方でも癌が発覚し、余命を宣告されてしまう方もいるのです。
男性でも女性でも癌のリスクはあります。女子の場合は、卵巣癌や子宮癌などの罹患率が高いようですが、最も高いのは乳癌による罹患です。
男子特有の癌には、前立腺癌などが挙げられます。男女共通している癌と言えば、大腸癌や胃癌、心臓癌の罹患が多いです。煙草をよく吸う方でしたら、肺癌になるケースが多いです。
癌のリスクの事を考えて、年齢関係なく癌保険に入っていた方が安心です。年齢を重ねてから癌保険に入る方もいますが、今は年齢関係なく癌保険に入っておくべきです。住宅ローンなどを抱えている人も、癌保険は必須です。

部位別の5年相対生存率について

がんには5年相対生存率というものがあります。これはあるがんにかかった人が5年後に生存している割合と、がんにかかっていない健康な人が5年後に生存している割合を比べたグラフのことです。年齢と性別で区別して統計が取られており、これが100パーセントに近いほど生存率の高い治療可能ながんと言えます。
男性と女性では臓器が違いますが、男性女性共に性別独特の臓器に関しては比較的生存率は高いです。男性の前立腺や女性の乳房などはいずれも90パーセント前後の生存率になっています。これは国や自治体が検診の推進を行っているため、早期発見が可能で、可能なうちに治療ができることが多いのが理由です。
皮膚や甲状腺のがんも、比較的生存率は高いです。皮膚がんはほくろと似ていますが、表に出てくるので自分でも発見しやすく、早めに見つけられるがんです。甲状腺がんは女性に多いがんで喉の調子が悪くなるなどの症状が出ることもあり、こちらも早めの発見が可能です。
逆に内臓は目に見えないため、発見が遅れて気付いたときには末期になっていることも多いです。特に膵臓がんは特定の症状がなく、なかなか発見できない病気です。5年後の相対生存率は男女ともに10パーセント以下で、発見や治療が最も難しいガンとされています。

発生要因について

日本の保険会社は、多くのガン保険商品を販売しています。一般的な医療保険に特約としてガン保険を付加することもできますし、単独で販売されている商品もたくさんあります。日本はガンによって死亡する確率が高く、保障内容が充実した商品が目立っているのです。
では、そもそもガンになる要因とは何なのか、ここで解説していきます。原因は色々あるので、参考にしておけば予防する効果があります。
ガンの発生要因としては、食生活が挙げられます。毎日摂取する食べ物が影響するところは大きいのです。食べ物には地域性も関係しており、食習慣が良くない場合は発症率が高まります。
部位別に見ていくと、食道ガンはアルコールをたくさん飲む習慣がある地域に多く見つかっています。東北や九州エリア、沖縄などに住んでいる人の発症率が高いというデータがあるのです。飲酒と同時にタバコを吸う人は、さらにリスクが大きくなるので注意してください。
胃ガンは塩分摂取量と深い関係性があるという報告があります。高塩分食品を摂取しやすい人は、胃ガンに注意が必要です。
ガンは、感染症が影響している場合もあります。全世界を見ていくと、ウイルス・細菌などが原因で発生するガンの割合は、18%程度と推計されています。